ホーム » 銘店散歩
ウェブを検索 サイト内を検索
銘店散歩
中野
青森県八戸市の郷土料理を堪能できるお店

魚介や馬肉など、新鮮な食材を手軽に味わえる

この時季はやっぱりお鍋。
馬肉の「桜鍋」は具がたっぷりで体も温まります

  西武新宿線下井草駅の北口から新青梅街道に向かって進み、稔ケ丘高校入口交差点を右折。さらに200mほど歩くと、入口に赤いちょうちんが一つ下がっている居酒屋さんがあります。こちらが今回ご紹介する「山海和酒処 南部藩」さんです。青森県三戸郡と八戸市出身のご主人と奥様が切り盛りする家庭的な雰囲気の居酒屋で、家族連れでも気軽に入ることができます。


ほかほかご飯と一緒に
「もつ煮込み」はいかが?

青森から直送!
特上ロースの「馬刺し」

「南部藩」では主に青森県の郷土料理を提供しています。焼き魚・刺し身・鍋物、Bー1グランプリで有名になった「せんべい汁」(ゴボウ・鶏肉・キノコ入りの素朴なしょうゆ味の鍋)など、バリエーションの豊富さが自慢です。


堅焼きのせんべいを割って
お鍋に入れる「せんべい汁」

  ご主人にお店のおすすめ料理を尋ねると、三戸郡五戸町の名産品、馬肉を使用したメニューを教えていただきました。産地直送で極上の「馬刺し」をはじめ、田子町の名産品である "にんにく" を使った「馬肉たたき」、馬肉をたっぷり盛り込んだ「桜鍋」が特に人気だそうです。にんにくは "焼き" または "揚げ" を単品で注文することもできますよ。他にも八戸市から直送される刺し身・揚げ物・焼き物など旬の食材を使った、いろいろな青森県の郷土料理が楽しめます。もちろんお酒も「ねぶた」「桃川」、お店一番人気の「如空」など、お父さんも大満足の品揃えです。そして食事の締めには「昔風の煮干しだし細麺八戸ラーメン」がおすすめ!


八戸名物、ビールのお供に
ピッタリの「せんべいピザ」

「岩ガキ」「サザエの壺焼き」などの一品料理も充実


  11時半からのランチタイムはショウガ焼き・から揚げ・野菜炒めなどの日替わり定食と、焼魚・煮魚定食を選べます。中でもサバ・ホッケ・サケのどれかを選べる「二品焼」は、ワンコイン500円でいただける手軽さも相まってお客様にも好評です。店内はカウンター席とテーブル席が合わせて32席あるので、ちょっとした打ち上げや宴会などでの貸し切りもOK。軽いランチからしっかり食べたいディナーまで、食べたい時に気軽に立ち寄れるおすすめのお店ですよ。《取材/YC阿佐ヶ谷・押川》


「焼魚定食」のホッケとサケ。「煮魚定食」も人気です。




 この記事を印刷し、ご持参ください。





城西読売会ホームページの記事、画像などの無断転載を禁じます。すべての著作権は城西読売会および情報提供者に帰属します。

Copyright © 一般社団法人城西読売会 All Rights Reserved.